紅まどんなの特徴や旬の時期は?せとかとの違いや値段は一個いくらぐらい?

紅まどんな 特徴 果物

紅まどんなというみかん知っていますか?柑橘系の美味しい季節になり1年を通じてさまざまな種類が登場しますが、近年で最も人気のある品種です。

紅まどんなの特徴や旬の時期についてやせとかや媛まどんなとの違い、どこで購入できるのかや価格は1個いくらぐらいからになるのかについてまとめました。

紅まどんなの特徴や旬の時期は?

紅まどんなは愛媛県が産地のブランドミカンです。正しくは「愛媛果試第28号」という名称がついたタンゴール種のひとつで、JA全農えひめ系列から出荷される一定の基準をパスした物のみ紅まどんなの名称が付けられます。

人気が高い理由は、大きさが250gほどとボリュームのある高級感と果肉がジューシーでゼリーを食べているかのような錯覚に陥るプルプルっとした食感にあります。

見た目や味もさることながらお値段も安くはなく、外皮が手で剥きにくいほどの薄さがデメリットとして挙げられますが、果肉の外の袋は薄く種なしミカンなので皮を剥くことなく食べやすいといった特徴も魅力です。皮はむかずにくし型にスマイルカットしていただくのがオススメです。

紅まどんなという名称は、一般公募より愛媛県を舞台にした夏目漱石の小説「坊ちゃん」に出てくる「マドンナ」にちなんで付けられました。

旬の時期は11月~1月あたりまでで、12月が一番出回る量が多い季節になります。トロけるような口当たりと濃厚な甘みとほど良い酸味のハーモニーが楽しめる紅まどんなは自宅用はもちろん、季節柄お歳暮や贈答品としても年々人気が上昇中です。

紅まどんなと媛まどんなとせとかの違いは?

紅まどんなと似た名称に媛まどんなという種類のミカンがありますが、どちらも品種は南香と天草を掛け合わせて出来た愛媛果試第28号で発売元が異なるブランド名になります。

紅まどんなはJA全農えひめのブランド商標、媛まどんなは愛媛の「のま果樹園」のブランド名称という違いです。

愛媛果試第28号には、愛媛まどんなやたくみまどんな・瀬戸のまどんな・媛まることいった農協以外の高級独自ブランドみかんが存在します。

紅マドンナの人気に勝るとも劣らない人気が、清見とアンコール・マーコットの良いとこ取りしたタンゴール種で、愛媛県で約7割の生産量を誇るせとかです。

果実サイズは200gから270g前後と大きく、外の皮が薄いので剥きやすいものと剥きにくい物が混在します。中のじょうのうも薄くて袋のまま食べやすいのが特徴です。

糖度は14度前後と強い甘みと滴るような果汁の多さで、とろけるような食感が人気のミカンです。旬の時期は1月から4月までで、3月の生産量が一番多いです。

紅まどんなや媛まどんなの旬と入れ替わりでせとかや姉妹品種の麗紅が出てきます。せとかの方が若干値は張りますが、美味しい時期が重なっていないので、季節を通じてさまざまな品種を味わうことができるのはうれしいですね♪

紅まどんなはどこで買えるの?

紅まどんなは地元の愛媛のスーパーなどではあたりまえのように販売していますが、県外のスーパーの売り場で扱われるのはごくわずかです。

ブランドみかんとの位置づけが強く、高級果物を扱う八百屋や大手百貨店では化粧箱に入ったギフト品で販売されることが多いです。

ちょうど紅まどんなの旬がお歳暮シーズンとかぶることより、お世話になった方への贈り物で贈る方も多く、ここ数年だとクリスマスやお年賀ギフトでも需要が伸びています。

産地の愛媛県以外にお住まいの方が紅マドンナを購入するには、JA全農の産直お取り寄せ通販サイトJAタウンふるさと納税「ふるなび」などを利用してみてはいかがでしょうか?

愛媛中央農協(JAえひめ中央)などJA全農えひめ系統の紅まどんなやジュースなどの加工品を各種取り揃えています。ふるさと納税なら2,000円を超える分は税金還付や控除が受けられるので、高級ブランドみかんを格安で購入できるメリットがありますね。

産地や味わえる時期に限りがあるので希少価値の高いブランド品になりますが、贈った人も貰った人も喜べるフルーツのため、この季節だからこそ味わっておきたいです。

家で食べる用であれば紅まどんなの訳あり品がお買い得でオススメです。皮に傷やスレなどが見られますが味は変わらず安いお値段で購入できるため、家で食べるのに充分ですね。

紅まどんなの値段は一個いくら?

紅まどんなを取り扱う店舗には袋売りや箱売りバラ売りも置いていますが、1個あたりの値段は小さいもので300円からで通常サイズで500円超え、高いものだと1,000円します。

楽天市場などのネットショップでは、1kg・3kg・5kg・10kgといったキロ売りがほとんどで個売りは少ないです。

紅まどんなにもランクがあり、高級なモノから赤秀→青秀→優品→良品→〇印と分けられ、箱に表記しています。

最高等級の赤秀の価格は、一個の大きさにもよりますが3kgで7,800円前後、10kgは2万超えとお高めです。ちょっと奮発してプレゼントで贈るなら赤秀や青秀ランクでしょうが、家で食べる用にはお財布との相談必至ですよね。

見た目が不格好でも味は美味しく品質が変わらないのであれば、訳アリを探してお取り寄せするのもいいでしょう。見た目にキズなどがない状態のキレイな紅まどんなを安く手に入れたいなら、ふるさと納税を上手に活用しましょう。

ネット通販を利用すればリーズナブルな値段で購入できる以外に、紅マドンナを使ったゼリーや大福・ジェラート・タルトなど加工スイーツからも選べるため、選択の幅が広がりお買い物を楽しめますね。

まとめ

紅まどんなは愛媛県で生産されJA全農えひめより販売される愛媛果試第28号のブランド名称で、JA以外より発売される同品種の仲間は媛まどんなや瀬戸のまどんなといった名称です。

11月から1月ごろまで楽しめる紅マドンナはまさに旬の美味しい季節を迎え、お値段は決して安くはありませんがみずみずしい果肉とトロっぷるっの食感で、高級みかんのせとかと並んで柑橘系の中で人気急上昇中です。

全国のスーパーでの扱いはまだ少なく、大手百貨店やバイヤーのいる青果店で贈答品扱いされることがほとんどです。

紅まどんなをお得に購入するには楽天市場でワケアリ品を探すもしくは、ふるさと納税の「ふるなび」で注文して、賢く手に入れてくださいね。

【関連記事】
三ヶ日みかんの特徴や旬の時期はいつ?種類や値段はいくらぐらい?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました