ナスの種が黒いものや茶色く変色したものは食べられる?保存方法で長持ちさせるコツも

ナス 種が黒い 食材

今日はナスを使って料理しようかなぁと取り出して包丁を入れたら、種が黒いのが中身の表面にびっしりと見えたり、茶色く変色していたり緑色になっているときも!

傷んでいるのか?もう食べないほうがいいのかって気になりますよね?

ナスは種が多いので、全部取り出すのも大変だし中身がスカスカになっちゃいます。

今回は、種の色が変わっていても食べることができるのかや、保存方法で長持ちさせる方法についてまとめました。

ナスの種が黒いけど食べられる?

種が黒いナスは、中身まで悪くなっているわけではないので、食べてもぜんぜん構いませんが、劣化が進んでいる証拠でもあるため、早めに消費してしまうのがベストです!

収穫したてのナスは、中の種が白色で瑞々しく新鮮そのものなのですが、水分が蒸発しやすく傷みやすい野菜でもあります。

スーパーに並べられてから私たちの手元に届き調理するまでの間に種から劣化が始まっていくので、白色だったものが緑色→茶色→黒色と置いておく期間が延びるとともに変色していきます。

ナスの中身に黒い種や茶色い種が斑点のように見えるということは、鮮度が落ちて美味しい状態ではなくなってきているという目安になります。

種が黒かったり茶色かったりするだけでしたら食べることはできるので、早めに調理して使い切ることをおすすめします。

ナスの皮や中身のハリがなくなりブヨブヨとした触感になっていたり異臭がするようであれば、腐っているのですぐに廃棄してください。

ナスが茶色く変色してるけど大丈夫?

ナスの白い中身が切ってみたら茶色がかっている・・・。変色してるだけで変なニオイはしないみたいだけど、食べちゃダメなのかな?

種だけでなく、なすの中が茶色いという場合も鮮度の低い状態ではありますが、食べていけないというわけではありません。

ナスが茶色く変色してしまうのは、冷蔵庫で保存するときの温度環境が適切ではないために起こる低温障害が原因です。

茶色い部分が全体的に広がっているようであれば、無理して食べるようなことは止めてください。

なんとなく茶色がかっているだけで食べられそうなものでも、正直食感や風味はかなり落ちていると思います。

どうしても食べるという場合は、麻婆ナスなど味を濃くして素材の食感そのものをぼやかせる料理で利用すると良いでしょう。

また、買ったばかりは中身が真っ白できれいな鮮度の高いナスでも、時間が経つと茶色く変色してしまった経験をお持ちの方も多いはずです。

ナスの持つ「アク」が空気に触れて酸化が進むことで、中身が茶色く変色し味にもえぐみを感じやすい原因となってしまいます。

調理前のナスが茶色く変色するの防ぐには、塩水に浸けるのが効果的です。切ってすぐに料理するのであれば塩水に浸けることもありませんが、調理するのに時間がかかりそうな場合は、5分から10分ほど塩水に浸けて色止め・あく抜きをしておくことをオススメします!

茄子の10分以上の浸水は、栄養が水に流れ出てしまうため必ず10分以内にとどめるようにしておきましょう!

ナスの保存方法で長持ちするのは常温・冷蔵・冷凍のどれ?

気温の高い夏が旬のナスは、傷みやすく寒い環境を得意としないため、保存方法にも気を配る必要があります。

長持ちさせるためのコツを常温・冷蔵・冷凍それぞれで見ていきましょう。

常温での保存方法

劣化しやすいナスは、夏場は常温で2日から3日が保存の限界です。新聞紙や要らないチラシ・電話帳・キッチンペーパーなどを使って個別にナスを覆い、必ず日の当たらない風が良くとおる涼しい場所で保管するようにしてください。

気温の低い冬場でも、常温保存では5日を目安に食べ切るようにしましょう!

冷蔵での保存方法

室温の上がる夏は、ナスを冷蔵保存するのがおすすめですが、冷やしすぎは種が黒くなったり中身が茶色く変色するのを招いて傷みを引き起こす原因となります。

温度にして10℃ほどが茄子の保管にはベストですので、冷蔵庫の中でむき出しのまま保存すると、キンキンに冷えすぎて低温障害にかかってしまいます。

冷蔵庫よりも温度の高い野菜室で、冷気や空気に触れないよう新聞紙やキッチンペーパーにくるんだナスをさらにジップロックなどに入れて保存することで、7日から10日ほど美味しさを維持させることができます。

使いかけのナスが残ってしまったときは、断面が酸化によって変色しないよう塩水に浸けるなどして冷蔵保存し、次の日までには消費するよう心がけましょう。

冷凍での保存方法

調理用途に合わせて、輪切り・半月切り・乱切りなどにカットしたナスを10分ほど浸水し、あくを抜く下処理を施してから水分をしっかりとキッチンタオルで吸い取り、ジッパー付きの袋に空気を抜くようにして入れてから冷凍保存します。

冷凍ナスを料理するときは、解凍せず凍ったまま使うことで水分が出てふやけた食感になることを防ぐことができます。

ナスの冷凍保存は、約1ヵ月と常温や冷蔵での保管に比べても長持ちするので、たくさん買い過ぎたり知り合いに頂いたりと長期的に保存したいというときに一番おすすめです!

まとめ

ナスは、鮮度が落ちるスピードが速く、結果として種が黒くなったり茶色くなったりするけど、風味が落ちるだけで食べられないわけではないということがお分かりいただけたかと思います。

常温・冷蔵・冷凍保存のいずれも、新聞紙などで外気から保護する手間をプラスすることでより長持ちさせることができるので、ご家庭でも実践してみてくださいね。

できれば、旬なお野菜は食べる分だけ購入するようにして新鮮なうちに使い切りたいところですが、特売日などでたくさん手に入ったときなどは、今回紹介した保存方法を上手に活用していただけたらうれしいです♪

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました