オリゴ糖のスーパーの売り場はどこ?コンビニや100均でも買える?はちみつとどっちがいい?

オリゴ糖 スーパー 料理

オリゴ糖ってスーパーで買えるのでしょうか?砂糖の摂りすぎはカロリーや糖分が気になるから、そろそろ健康のことを考えて甘味料を見直そうと考えている方も多いはずです。

オリゴ糖がスーパーに置いている場合、売り場はどこなのか?コンビニや100均でも売っているのか?はちみつとどっちがいいのかについてまとめました。

オリゴ糖の市販品はスーパーで売ってる?

オリゴ糖は、スーパーの砂糖売り場もしくはフルーツ缶詰コーナーで液体タイプが販売されています。

自宅近くのイオン系列スーパーマックスバリュで売っていたオリゴ糖の市販品や値段は、以下のとおりです。

・砂糖コーナー
塩水港精糖「オリゴのおかげ300g」513円(種類:乳果オリゴ糖)
味の素「パルスイートRおなかすこやかオリゴR270g」429円(種類:フラクトオリゴ糖)

・フルーツ缶詰売り場
加藤美蜂園「北海道てんさいオリゴ1kg」689円(種類:甜菜由来のラフィノースなどのオリゴ糖)
はちのす印「毎日食べよ!オリゴ糖シロップ1kg」624円(種類:イソマルトオリゴ糖)

※各店舗によって取扱商品が異なる場合があります。価格はすべて税込です。

液体ボトルタイプが各コーナーの陳列棚の上段で販売されていましたが、オリゴ糖の粉末タイプはスーパーではほとんど見かけることがありません。

液体だと飲み物や無糖ヨーグルト・煮物などの料理に加えても、粉末に比べて混ざりやすくダマにならずにサッと溶けるので使いやすいですね。

業務スーパーでは、オリゴ糖の液体タイプ1kg入りが307円(税込)と、スーパーで買うよりも半額の値段でお得に手に入れることができます。

スーパーで手に入る市販のオリゴ糖にもいろいろな種類がありますが、フラクトオリゴ糖はバナナなどの果物や玉ねぎなどの野菜に含まれているモノで、クセがなく私たちに一番身近な市販品になります。

乳果オリゴ糖は、牛乳に含まれる乳糖とサトウキビのショ糖が原料となっているので、口にするとヨーグルトっぽい味わいが特徴です。

イソマルオリゴ糖は、味噌やみりん・醤油などの発酵食品やはちみつに含まれる天然成分で、コクとまろやかな味わいが特徴で砂糖の代わりとして料理にも使いやすいです。

粉末タイプのオリゴ糖で人気のカイテキオリゴの市販品は、スーパーや薬局・ドラッグストアでも販売されていないため、通販でのお取り寄せになります。

カイテキオリゴの定期コースは3回継続の縛りがありますが、10%OFFのお試しコースなら単品で購入するよりも安く手に入りいつでも解約できるので、カイテキオリゴを試してみたい方にピッタリだと思います♪

『カイテキオリゴ』

オリゴ糖はコンビニや100均でも買える?

オリゴ糖が100均コンビニでも売っているのか?

自宅近くのダイソー・セリア・キャンドゥ・セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの売り場を確認してみました。上白糖やはちみつはありましたが、オリゴ糖は置いてありませんでした。

セブンからは、2017年12月にオリゴ糖シロップが販売されているので、店舗によっては置いているところもあるかもしれませんが、基本的には買えないと思っておいたほうが良いでしょう。

100均のダイソーだとオリゴ糖入りのカテキンジャスミン茶やペット用のゼリー、コンビニでは各社ともオリゴ糖入りのヨーグルト飲料やチョコレート・アイスクリームなどのお菓子・フルーツなどは購入できます。

オリゴ糖は百均やコンビニでは買えませんが、粉末タイプをお探しならドラッグストアでは店舗によって購入できるところもあります。

液体シロップや顆粒スティックタイプの商品まで揃えているところもありますので、いろいろな種類の中から選べるといった点がドラッグストアで購入するメリットです。

粉末のオリゴ糖をお探しの方は、お近くのドラッグストアの売り場を確認してみて、なければネット通販でお取り寄せになります。

オリゴ糖とはちみつはどっちがいい?

オリゴ糖とはちみつ、摂るならどっちがいいのかなって思ったことありませんか?

基本的には、ふだんよく使っている白いお砂糖に比べればどちらを摂るのもおすすめです。

オリゴ糖は、消化しにくく大腸まで届くことで、腸内のビフィズス菌を増やしながらお腹の調子を整えてくれる効果に期待ができます。

はちみつにもオリゴ糖が含まれているものの、含有量はごくわずかです。その分、カリウムなどのミネラル類やビタミンB1・B2・B6・酵素・アミノ酸・ポリフェノール・ブドウ糖など150種類以上もの栄養成分が豊富に含まれ、疲労緩和や血圧の上昇を防ぐほか、カラダを潤す作用があることからせき止めなどの効果もあります。

オリゴ糖とはちみつそれぞれの特徴を把握したうえで、何を目的にするかによって上手に使い分けするといいですね。

オリゴ糖とはちみつのカロリーや糖質の違いを砂糖も含め比較してみました。

種類カロリー糖質
オリゴ糖202kcal95g
はちみつ294kcal81.9g
砂糖384kcal99.2g

オリゴ糖・ハチミツとも砂糖に比べるとカロリーや糖質量が低いことがわかりました。

GI値で比較してみると、砂糖が109に対しオリゴ糖が10~30、はちみつが28~88となっています。

低GI値なほど血糖の上がりを緩やかにし、肥満や糖尿病を防ぐ効果に期待が持てるため、糖質制限をされている方や健康が気になる方は、積極的にGI値の低い甘味料へ置き換えてみるといいですね。

はちみつの市販品は加熱処理されたものが多くgi値も高めになります。ハチミツを摂取する場合は、なるべく非加熱の生のアカシア蜂蜜といった低GI値の商品を摂ることをオススメします。

オリゴ糖自体は母乳にも含まれているため、6か月以上の赤ちゃんでしたら様子を見て1日1gから与えても構いませんが、商品の中にはプロポリスや食品添加物が含まれるなど与えないほうが良いものもあるため、注意書きなどをしっかりと確認したうえで使用できるものは離乳食などに活用してください。

はちみつを乳幼児に与える場合は、1歳を過ぎてからにしましょう。生後1歳未満の赤ちゃんに与えると、乳児ボツリヌス症にかかる危険があることを厚生労働省のHPにも記載されているため、確認してください!

砂糖に比べオリゴ糖は甘さが少ない一方、はちみつは種類によってバラツキがあるものの、平均して1.5倍ほど甘みが強くなります。

砂糖の代わりにオリゴ糖やはちみつを使用するときは、甘みの強弱を考えたうえで使用量を調節する必要があることを覚えておいてくださいね。

まとめ

オリゴ糖は液体ならフラクトオリゴ糖などがスーパーや業務スーパー、粉末タイプならドラッグストアやネットショップで手に入れることができます。

精製された白砂糖は栄養価に乏しくカロリーや糖質量が高いですが、オリゴ糖は低エネルギー・低糖質・低GI値で乱れた腸内環境を整えてくれる効果があるので、置き換え甘味料として積極的に取り入れていきたいですね。

生のはちみつは、オリゴ糖に比べ豊富な栄養素が含まれることから、美容はもちろんカラダの機能を復活させる役割も担います。

砂糖に比べればどちらもオススメの甘味料ですので、どちらもふだんの生活に取り入れながら、それぞれの良いとこ取りをしていきましょう!

関連記事
粉糖はスーパーで値段はいくら?100均でも売ってる?純粉糖やオリゴ糖入りの違いも
グラニュー糖はスーパーで値段はいくら?100均のセリアやダイソーにコンビニでも売ってる?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました