さくらんぼがスーパーに出回る時期は?値段は平均いくらぐらい?お取り寄せで自宅用のおすすめも

さくらんぼ スーパー 時期 果物

さくらんぼの生が美味しい旬の季節が到来しましたが、スーパーに出回る時期はいつぐらいまでになるのでしょうか?

さくらんぼの品種もナポレオンや佐藤錦・大将錦・紅秀峰・山田錦・紅てまり・紅さやかなど多数ありますが、値段は平均していくらぐらいなのか?

お取り寄せで自宅用にピッタリの訳あり商品についてもまとめました。

さくらんぼがスーパーに出回る時期

さくらんぼがスーパーの売り場に並ぶ時期は、品種や地域によって異なりますが、旬を迎える5月から7月の短い時期に限定されます。

さくらんぼの生産量の都道府県別で日本一を誇る山形県に次いで2位の北海道では、気温の低い寒冷地のため、スーパーで出回る時期が6月から8月と1ヵ月ほどズレます。

輸入物で流通量の多いアメリカンチェリーでは、ビングやレーニアといった品種が5月から7月ごろまで売り場に並びます。

自宅近くのスーパーマックスバリュでは、5月に入りパック入りの佐藤錦が果物売り場に並ぶようになりました。

さくらんぼで最も人気の佐藤錦の露地栽培の旬は、6月中旬~7月下旬ごろまでなので、5月現在スーパーの店頭に並んでいる佐藤錦は、ハウス栽培(温室)で収穫されたモノになります。

ネット通販で母の日ギフトの贈り物としても楽しめるよう、露地栽培のさくらんぼ(桜桃)よりも早出しできる温室栽培のサクランボが生産されるようになったことから、スーパーの店頭でも5月初旬からハウス栽培物が手に入れられるようになりました。

さくらんぼは品種ごとに楽しめる時期が違い、早生品種の紅さやかや高砂・豊錦・香夏錦は5月から6月中旬ごろ、中生種のナポレオンや佐藤錦・紅秀峰は6月下旬から7月上旬ごろ、晩生種の紅てまりや大将錦・南陽・北光は7月上旬から中旬ごろになります。

スーパーや地域によって扱う品種も変わり旬も短いため、見つけたら季節の初物として1度は味わっておきたいですね♪

さくらんぼの値段の相場はいくら?

さくらんぼの値段の平均は、スーパーで販売されている価格を見ても、ほかのフルーツに比べると高く感じます。

マックスバリュで販売されていたハウス栽培の佐藤錦の値段は、1パック200g入りが1,058円(税込)でした。

品種やランク(優品・秀品・特秀品)・贈答品・訳ありなどによっても違ってきますが、ネット通販でさくらんぼの値段の相場を調べてみると、佐藤錦では1kgあたり安いもので3,900円前後から高いもので15,000円前後とかなり価格帯に幅があります。

100gで1,200円~2,500円、200gで1,100円~2,700円となっていて、さくらんぼの値段が高くなればなるほど、肥料にこだわり減農薬で育てたより安心して口にできる商品であることが多いです。

なぜさくらんぼの値段が高いのかは、栽培に人一倍手間がかかり、収穫から箱詰め(パック詰め)作業に至るまで、とにかく細かく緻密であるが故です。

スーパーで販売されているバナナやキウイ・リンゴ・みかんのように毎回気軽に手を出せる値段ではありませんが、サクランボの流通量が最も多く価格も少し落ち着く旬の6月頃を狙って購入するのがベストです。

さくらんぼをもっとお得に楽しみたいなら、ふるさと納税に申し込むのも一つの手です。自己負担2,000円を除いた金額を確定申告を受けることで、翌年の税金より控除が受けられるサービスです。

美味しいものをお得に賢くゲットしたい方は、ふるさと納税を活用してみてくださいね!

ふるさと納税の活用法や詳細については、こちらの記事を参考にしてみください。

【関連記事】
ふるさと納税は12月ギリギリでも間に合う?クレジットカード決済でみかんなどのコスパもお得に?

さくらんぼ狩りが体験できる農園が、関東(東京・埼玉・群馬)や関西(滋賀)・東北(山形・青森・秋田・福島)・中部(山梨・長野・福井)北海道・九州にもあります。

果樹園によって30分~60分間の食べ放題コースもあり、値段も安いところでは1,000円ほどからとリーズナブルです。

旬の時期が梅雨の時期と重なっていますが、さくらんぼ狩りができる農園はハウス栽培が多いので、雨の日でも濡れる心配もなく楽しめます♪

さくらんぼのお取り寄せ自宅用なら訳ありでお得に!

さくらんぼのお取り寄せは、自宅用なら訳ありでも充分ですよね!

ネット通販で安くてお得に取り寄せできるさくらんぼの訳あり品を3つご紹介します。

山形県東根産のさくらんぼ佐藤錦が1kgたっぷり入った自宅用の訳あり品です。

無選別のため果実の大きさがバラバラ(サイズはM)なのと、色付きが薄いものから濃いものまで混ざっているため、贈答品としてではなく自宅用での予約注文になります。

多少の色ムラや型崩れは気にならずたっぷり味わいたいという方は、1kg入りがベストです。商品は6月中旬から届く予定で、3,980円(税込)送料無料です。

朝摘みの訳あり佐藤錦が1kg×2箱のたっぷり2kgも入った自宅用のサクランボです。

サイズはSからMの大きさで、秀品の下の優品ランクも混ざります。全体的に黄色っぽい酸味のあるサクランボも混ざっていますが、佐藤錦自体甘みがあるため充分に味わえる商品です。

商品のお届けは6月下旬から7月上旬で、送料無料の6,320円(税込)です。酸味が気になりそうなものは、ジャムやコンポートなどにして味わってみてください。

山形県産のさくらんぼ紅秀峰の訳あり品700g入りです。

大きさはMサイズのバラ詰めになり果肉の色は赤い物より黄色いモノが多くなりますが、紅秀峰は酸味が少なく甘い品種のため、訳あり品でも充分に甘さを堪能できるかと思います。

商品のお届けは、予約注文順に6月下旬より順次発送され、送料無料の3,380円(税込)になります。

さくらんぼのお取り寄せ品は、旬の時期になると注文が殺到してすぐに売り切れになってしまいます。

購入しようと思ったときには買えなかったということも多いので、人気の集中する訳あり品は予約できる今のうちに注文を入れておきましょう!

まとめ

さくらんぼは、5月から7月(北海道では6月から8月)の時期しか味わうことのできない、旬の短いフルーツです。

スーパーでもハウス栽培物が並び始めましたが、出始めのためまだまだ値段が高い印象です。

流通量の増える全盛期の6月を迎えると値段も少し安くなると思いますので、さくらんぼ好きの方は6月あたりを狙って購入してください。

自宅用にたくさん量が欲しい方は、ネット通販で訳あり品を取り寄せたり、ふるさと納税を利用してお得に購入してくださいね♪

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました