食紅はスーパーのどこにある?100均のダイソーやセリアでも売ってる?代用できる商品も紹介

食紅 スーパー どこ お菓子作り・道具

食紅はお菓子や料理の色付けに便利ですが、スーパーではどこの売り場で売っていて値段はいくらくらいするのでしょうか?

マカロンやクッキー・和菓子などお菓子作りをあまりしない人にとっては馴染みのない食材なので、食紅が必要になったときにどこで買えるのか迷われる方も多いはずです。

食紅は100均のダイソーやセリア・キャンドゥでも売ってるのか?青がないときの作り方はあるのか?なかったときの代用で赤・青・黒などに使えるモノはあるのかについてもまとめました。

食紅は100均のダイソーやセリアでも買える?

食紅100均のダイソーやセリア・キャンドゥでも売っているのか?自宅近くの各店舗をチェックしてみました。

100均のダイソーでは、食紅(食用色素)は売っていませんが、クッキーのデコレーションに使えるアイシングパウダー(レッド・ブルー・イエロー・ホワイト)や、むらさきいもパウダー・抹茶パウダー・ココアパウダーなどは製菓材料コーナーに置いてあります。

クッキーやケーキなどをカラフルに彩りたいときに、食紅の代わりにアイシングパウダーや色付きパウダーを活用できますね♪

食紅は、セリアではベニコウジやクチナシ・ビートレッドから作られた袋入り1gの粉末食用色素(天然着色料)が、製菓材料コーナーで販売されています。取り扱っている色の種類は、ピンク5色です。

パッケージの裏に使用量の目安が書かれているので、洋菓子や和菓子・冷菓・赤飯などの分量の0.05~0.5%の食紅を使えばいいことがわかります。

キャンドゥには食紅は置いてありませんでした。製菓材料は置いてあるのですが、セリアやダイソーに比べると扱う商品がまだまだ少ない印象ですね。

食紅を百均で買うなら、セリアを探すのが確実だということがわかりました!

2021年10月11日追記
ダイソーやセリアの売り場を確認したところ、食紅などの着色料だけでなくアイシングパウダーも売り場から消えていました。

両社の店員さんに確認したところ、販売停止で今のところ再販される予定はないとのことでした。

クリスマスやバレンタインのイベントで在庫復活するかもしれないが、現時点では何とも言えませんとの回答でした。

ダイソーは食紅(食用色素)が元々販売されていませんでしたが、百均ではセリアが唯一食紅を購入できる場所だったので、製菓材料コーナーの縮小は残念でなりません。

料理やお菓子作りで頻繁に食紅を使い、黒や茶色・紫・橙・ピンクなどさまざまな食用色素を揃えたいという方は、ネット通販でのセット買いがオススメです♪

食紅のスーパーの売り場はどこ?値段はいくら?

食紅は、スーパーの製菓材料売り場に置いてあります。お店によっては、調味料やお漬け物材料を扱うコーナーに置いてあることもありますが、お菓子作りの材料を扱う売り場を探せばまず見つかります。

自宅近くのマックスバリュでは、ベーキングパウダーやドライイースト・重曹・バニラエッセンスなどと並んで、井上清助商店の袋入り2gの食紅が62円(値段は税込価格)で販売されていました。

少量の水やお湯で溶かして使う粉末タイプの食用色素の色は、だけでなくも売っています。

大型スーパーのイオンには、共立食品㈱の食紅()5.5g入りが159円で置いてありました。食紅の青は売っていないお店が多いので、青の食用色素をお探しの方はお近くのイオンで探してみてくださいね♪

コープにも井上清助商店の2g入りの食紅(赤・青・黄)が製菓材料コーナーに置いてありましたよ。

2gとか5gとか一見すると量が少なく感じますが、漬物や白玉団子・大福・シフォンケーキ・蒸しパン・ゼリー・飴・生クリームなどの色付けでは、分量の1500分の1~3000分の1の食紅の量を使うのが基本です。

1回の使用量は少量で済むため、たまに作るお菓子の色付けで食紅を使いたい場合は、スーパーに売っている商品で充分事足ります。

食紅が業務スーパーで売っているかどうか確認してみたところ、井上の食用色素の紅・黄・緑2g入り3種類が、税込62円で製菓材料売り場で売っていました。

食紅はどのスーパーでも比較的手に入りやすい材料になります。食用色素をお求めの方は、現在100均では売っていないので、お近くのスーパーで探すか欲しい色がない場合はネット通販でお取り寄せしてください。

食紅の青がないときの作り方ってあるの?

食紅の青はイオンでは売っていますが、ダイソーやセリアなどの100均では今は手に入りません。

万が一食紅の青がどこにも売ってないとき、スーパーに売っている赤・黄・緑色の組み合わせで青を作ることができるのか?答えはノーです。

青色は、赤色や黄色とともに色の三原色の一つであり、この3色の組み合わせによってさまざまな色を作り出すことができるため、青はほかの色では作れないのです。

スーパーなどで売っている食紅の緑色の原料の部分を見るとわかると思うのですが、青色と黄色を配合して作られています。

ですので食紅の青が販売されていた場合は、緑よりも青があるほうがいろんな色を表現することができるので重宝します。

食紅で紺色を作りたければ、黄色少な目に青多め、黄緑色なら青少な目の黄多めの配合で作れます。青と赤を混ぜればが作れますが、配合の仕方で青紫にも赤紫にも変化させることができますよ。

茶色を表現したければ、食紅の青・赤・黄3色を組み合わせればOKです。赤と黄の組み合わせはオレンジ(橙色)が作れますし、手持ちの食紅の配合次第で大体の色は作れてしまいます。

食紅の青・赤・黄を同量で配合すれば黒色を作ることができますが、あまりキレイな色になりません。

黒の食紅を販売しているスーパーはないに等しいので、食紅の黒色が必要な場合は、ネット通販などのホームメイド食用色素5色セットなど黒がセットになったものを取り寄せるといいですね。

食紅の代用で赤・青・黒に使えるものは?

食紅が売ってないときや、使用頻度が少ないので買わずに何かで代用できないかなとお探しの方に、赤・青・黒色などの代わりになるモノを紹介します。

食紅の代用でに代わるモノをお探しの場合は、いちごのかき氷シロップやイチゴジャム・いちごパウダー・トマトパウダー・ビーツパウダー・ザクロ果汁と砂糖からできたグレナデンシロップなどが使えます。

食紅の代用でに使えるモノは、かき氷シロップのブルーハワイやブルーベリージャム・バタフライピー・むらさきいもパウダーです。

食紅の代用でに使えるモノは、竹炭パウダーや黒ゴマペースト・ブラックココアパウダーです。

茶色の代用は、ココアパウダーやキャラメルシーズニング、ピンクにしたいときは、ストロベリーパウダーやカシスパウダー・クランベリーパウダー、黄色はかぼちゃパウダーやくちなしの実が代わりになります。

は抹茶パウダー・ほうれん草パウダー・スピルリナパウダー、は、むらさき芋パウダーやアサイー・ブルーベリーパウダー・紫キャベツの煮汁に置き換えることができます。

むらさきキャベツの煮汁がスゴイのは、重曹と混ぜると青・レモン汁と混ぜるとピンクに変色することです。1つで食紅の紫・青・ピンクの代わりになりますので、機会があればお試しくださいね♪

かき氷シロップやジャムは、ご家庭でも使用する機会が多い商品ではないかと思いますが、食紅と違って風味や甘みがあるため、代用品として使用するときはレシピ材料の砂糖の分量を調節して使う必要があります。

食紅は体に悪いとよく耳にしますが、お菓子や料理で使われる量(せいぜい耳かき1杯程度)をいただく分には体への影響はありません。

ただ、スーパーなどに流通している食紅は、タールや石油由来の化学合成によって作られた食品添加物の一種になります。

より安全性の高い体に良い商品を使用したい場合は、セリアの天然食用色素や野菜・フルーツパウダーなどで代用、もしくはネット通販で天然着色料のセット商品を取り寄せてご利用ください。

まとめ

食紅は、スーパーや100均のセリアの製菓材料売り場で販売されています。

値段は、スーパーで購入するほうが百均で買うより量も倍入って価格も100円以下で手に入れることができお得です。

取り扱いされている色の種類は、スーパーでは主に赤・緑・黄の3色、セリアでは赤・青・黒・黄・ピンクの5色です。

欲しい色が売っていなかったときの代用品では、かき氷のシロップやジャム・野菜やフルーツパウダーを活用することができますが、砂糖や食材の風味が付いてしまうため、代用する物によって砂糖の量を調節したりする工夫も必要です。

食紅の青があれば、赤や黄色と組み合わせることで大体の色を作ることはできますが、配合によってはきれいな色に仕上がらないこともあります。

ネット通販ですと、スーパーや100均では手に入らないさまざまな色の種類の天然食用色素の取り扱いがあるので、色を組み合わせたりするのが面倒という方はネット通販を活用してみてくださいね♪

市販されている食紅は体に影響のない食品添加物ではありますが、より安心安全な食紅をお求めの方は、ネット通販で天然素材で作られた商品を購入することをオススメします。

【関連記事】
アイシングパウダーはスーパーや百均のダイソーやセリアでも売ってる?なかったときの代用品も
生クリームはスーパーの売り場のどこにある?コンビニに売ってる?代用はコーヒーフレッシュでできる?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました