アガーはスーパーで買える?100均でも売ってる?ない時はゼラチンに置き換えできる?

アガー スーパーで買える お菓子作り・道具

アガーは海藻が原材料の人気の凝固剤ですが、スーパーで買えるとしたら値段はいくらぐらいでしょうか?

ゼリーやプリン・パンナコッタ・水信玄餅・水ようかんなど、洋菓子や和菓子のレシピに欠かせませんが、100均のダイソーやカルディでも売ってるのか?

アガーが売ってないときは、粉寒天やゼラチンで代用することができるのか?固まらない原因にやり直しできるのかについてもまとめました。

アガーはスーパーで売ってる?値段はいくら?

アガーがスーパーで売ってるのか?自宅近くのイオン系列マックスバリュの売り場を確認したところ、乾物コーナーに粉寒天や棒かんてんと一緒に陳列されて置いてありました。

取り扱いの市販品は、伊那食品のイナアガーA50g(10g×5袋)302円とイナアガーL500g(250g×2袋)1,058円(値段は税込)の2種類です。

大型スーパーのイオンでは、製菓材料売り場でHome made CAKE(共立食品)の寒天入りアガーの素25g入りが値段172円で販売されていました。

コープでは、アガーの分包タイプ48g(8g×6袋)が値段375円、200g入りが645円で2種類のあがーが販売されています。

店舗によっては、製菓材料売り場にゼラチンと一緒に並んで置いてあることもあるため、どちらかを探してみてください。

アガーには、イナアガー(伊那食品)・クールアガー(新田ゼラチン)・パールアガー(富士商事)の3種類があります。原料が海藻なのは同じですが、配合されている成分に少し違いがあることと、値段と固まり方に差があります。

価格は安い順にイナアガー・クールアガー・パールアガーとなり、凝固力に関してはイナアガーやクールアガーは固めの仕上がりになり、パールアガーは弾力の中にもやわらかさを感じる仕上がりになります。

スーパーによって扱う商品も違うため、すべての種類が揃っているお店はまずありません。全種類使ってそれぞれの固まり方や食感など特徴を知りたい方は、ネット通販で取り寄せて試してみるのもいいかもしれませんね。

アガーはダイソーやカルディでも買える?

アガーは100均ダイソーセリアキャンドゥでも買えるのか?自宅近くの店舗を確認してみましたが、3社とも取り扱いありません。

ゼラチンやゼリーの素・粉末寒天パウダーなどは製菓材料コーナーや食品売り場で確認できましたが、百均にはアガーはありません。

カルディでは、パイオニア企画のパールアガー60g入りが356円(値段は税込)で販売されていました。オンラインショップではかんてんぱぱのイナアガー500g(現在在庫なし)も取り扱いしているようですが、店舗ではパールアガーしか確認できませんでした。

アガーはカルディでも購入できるものの、お店によっては在庫数が少なく品切れしていることも多い商品です。

カルディは輸入食材を扱っているため、スーパーでは手に入りにくい商品もたくさん置いてありますが、いざ購入しようと立ち寄っても目的の商品が購入できなかったという経験が私も多々あります。

アガーを確実に手に入れたい場合は、スーパーやネット通販を利用するのがオススメです。

そのほか、製菓材料を扱うお店が近くにあれば売っていると思いますので、そちらをチェックしてみるのも一つの手ですね。

<2021年8月2日追記>
カルディのオンラインストアを確認したところ、イナアガーは販売されていませんでした。現在は、パルアガーの店舗販売のみとなっています。

アガーがないときは粉寒天やゼラチンで代用できる?

アガーがないときは粉寒天やゼラチンで代用することもできます。

粉寒天の原料もオゴノリや天草を使った海藻なので代用品として使うことは可能ですが、アガーのように透明感がなく白濁色の仕上がりになってしまうことに加え、固める力が強いため滑らかさがなく歯ごたえのある食感になります。

スーパーや100均・ドラッグストアなどで手に入れやすいのが魅力の一つの粉寒天は、アガーと同様に常温で溶けることなく、固まる温度は40℃から50℃になります。

アガーを粉寒天に置き換えて作る場合は、水ようかんや杏仁豆腐のレシピに活用するのがオススメです。

アガーが売ってないときは、ゼラチンに置き換えることもできます。両者は、植物性由来か動物性由来か原材料に違いがあります。

ゼラチンは、アガーや粉寒天と比較するとふるふるっとしたほど良い弾力と粘性があり、口あたりの良い食感とスーパーや100均のダイソーやセリアで手軽に購入できるのが魅力です。

コーヒーゼリーやフルーツゼリーをはじめ、プリン・ババロア・ムースなどのレシピに代用できます。

アガーは常温の30℃から40℃で固まるのに対し、ゼラチンは20℃以下でしか固まらないため、冷蔵庫で冷やし固めるのが基本です。

室内温度が25℃ほどの常温に出したままにしておくと溶けて形が崩れてくるため、暑い時期に手土産などで長時間の持ち運びには気をつけてくださいね。

アガーが固まらない理由に修復方法はある?

アガーが固まらない原因は、以下のとおりです。

・アガーと水の分量が合っていない
・水温が低すぎる
・溶かしムラやダマがある
・酸性の柑橘系果汁との混ぜ合わせ方
・固める過程の途中で揺らしてしまう

アガーが固まらない理由のひとつに、使い方の割合が間違っていることが挙げられます。液体の全量に対して使用するアガーは1~2%が目安です。水200ccだとアガーの使用量は2g~4gとなります。

フルーツを多用するようなゼリーのレシピでは固まりにくいため、アガーの量を3%に増やすことで形が崩れにくくキレイに出来上がります。

使用するアガーの種類によって固まり方も違いますが、まずは箱や袋・参考にするレシピに書かれてある分量を忠実に守って作るようにしましょう。

アガーは常温の30℃くらいで固まるため、溶かすときにキンキンに冷えたジュースや牛乳・豆乳などと混ぜて沸騰すると、ダマができやすく溶かしムラができ固まらない原因となってしまいます。

アガーに合わせるジュース類などの液体は、レンジで常温(30℃くらい)になるよう少し温めおき、先に少量の水と砂糖とアガーを混ぜて溶かした物に、レンチンして温めたジュースや牛乳を合わせてダマやムラができないように混ぜ合わせるようにしてください。

アガーを火にかけて溶かすときの温度のポイントは、80℃~90℃くらいで粉っぽさが残らない程度に溶かすことです。高温で強火に長くかけ過ぎると逆に固まらなくなるので、沸騰させすぎないように注意が必要です。

また、レモン汁やオレンジ果汁など柑橘系の酸性の液体とアガーを一緒に合わせて沸騰させてしまうと固まりにくくなることもあるため、先にアガーを少量の水でしっかり溶かしてから常温のレモン汁やオレンジ果汁をゆっくりと加えて混ぜるようにするといいですね。

アガーを固める途中でちゃんと固まっているのかどうか確かめたくて容器をプルプルっと揺らしたくなってしまうこともありますが、固まりかけに揺らしてしまうのも固まらない原因になります。

アガーは冷やし固めなくても常温で固まるという利点もあることから、固まるまでは触れないようにしてくださいね。

では、アガーが固まらないときの修復方法があるのかについてですが、冷蔵庫で一晩寝かせることで固まることもありますが、それでも固まらないときは沸騰しすぎないくらいに再度加熱してから冷やすと固まることもあります。

それでも固まらないようなら、一からやり直しするしかありません。

修復ややり直しを避けるためには、上で挙げたアガーが固まらない理由を頭の片隅に置き、失敗しないように作業を行ってみてくださいね。

まとめ

アガーは、中型~大型スーパーや輸入食材を扱うカルディで購入することができます。値段は50gで約300円、500gで約1,060円ほどです。

店舗によって扱う商品が異なり、イナアガーやパールアガー・クールアガーという商品名で、乾物コーナーや製菓材料売り場で販売されています。

手に入らないときは、アガーを使った和菓子のレシピでは粉寒天、洋菓子のレシピではゼラチンに置き換えて作ることができます。

アガーが固まらないときは、特性を活かした扱いができていないことが考えられます。上に挙げた原因を参考にすれば、修復ややり直しを避けることもできます。

1kgなど大容量のアガーが必要な場合は、製菓材料を扱うcotta(コッタ)などネット通販でお取り寄せするのが便利です。

コーヒーゼリーやフルーツゼリーなど透明感や光沢感で見た目もキレイなスイーツに仕上がるアガーのレシピもたくさん紹介されていますので、参考にしながら作ってみてくださいね♪

【関連記事】
ゼラチンはスーパーの売り場でどこにある?100均やコンビニでも売ってる?
ナパージュの代用にジャムやはちみつは使える?刷毛がないときの塗り方は?市販で売ってる?
寒天はスーパーの売り場のどこにある?100均のダイソーやセリアにも売ってる?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました