ゼラチンはスーパーの売り場でどこにある?100均やコンビニでも売ってる?

ゼラチン スーパー お菓子作り・道具

ゼラチンは、ゼリーやプリンなどお菓子作りのレシピには欠かせない材料ですが、初めて使うときはスーパーの売り場のどこを探したらよいのか迷ってしまいますよね?

家の近所のお店がダイソーなどの100均やセブンなどのコンビニだったら、そこでも売っているのかどうか気になるところです。

ゼラチンが購入できる店舗や粉ゼラチンと板ゼラチンの違いなどについてもまとめました。

粉ゼラチンと板ゼラチンの違いは?

ゼラチンには、粉末タイプのものとシート状になった板タイプの2種類があります。

2つの違いは、形状だけではなく水でふやかす手間がかかるかからないかです。粉末タイプのゼラチンは、すぐに溶けますが、シートタイプの板ゼラチンは、使用前に1分から2分ほど水につけてやわらかくしてから溶かして使う必要があります。

板ゼラチンは、ぬるま湯などでふやかしてしまうと溶けてしまうので、必ず冷たい水で戻すのがポイントです!

粉ゼラチンは、ゼリーからムース・プリン・ババロア・パンナコッタ・チーズケーキ・グミ・わらび餅などのレシピで広く使われています。

板ゼラチンは、上記のレシピのほかブラマンジェやマシュマロ・杏仁豆腐・水ようかんに、テリーヌや野菜のゼリー寄せ・ジュレなどスイーツだけでなく料理の素材としても一役買っています。

ゼラチンは、粉末タイプのほうが固まる力が強いので、よりソフトな口当たりのムースやゼリーがお好みの場合は、板ゼラチンを使うのがおすすめです。

ゼラチンのスーパーの売り場はどこで値段は?

ゼラチンは、スーパーではホットケーキミックスやデコレーションケーキの材料(チョコレートペンやスプレーチョコ・アラザン・粉糖など)を扱う製菓材料のコーナーに売り場を設けています。

粉ゼラチンとゼラチンリーフ(板ゼラチン)の2種類がありますが、私の家の近くのイオンでは、共に30g入りで粉末タイプが181円・シートタイプが213円で売っていました。

どちらのタイプを使うかはお好みですが、粉ゼラチンの方が5gごとに小分けされていて分量をわざわざ量る必要がないことと、水に浸ける手間もないため板ゼラチンよりも使い勝手はいいのかなと個人的には思います。

毎日使うものでもないため、スーパーの売り場に置いてあるもので充分間に合うかと思いますが、毎週のように何かしらゼラチンを使ったお菓子や料理を作るということでしたら、賞味期限も2年と長いためお近くの業務スーパーで500gや1kgのものを探して購入するといいと思います。

日持ちがするからといって、使いもしないのに容量の大きいものを買ってしまうと、賞味期限が切れてそのまま使わずに廃棄なんてことにもなりかねません。

500gだとお値段も1,500円以上するので、たまに使うぐらいでしたらスーパーで購入するようにしましょう。

ゼラチンはダイソーなど100均にもある?

ゼラチンがダイソーでも売っているのか?家の近所のダイソーを探してみましたが、味付きのゼリーの素はあったのですが、ゼラチンを見つけることはできませんでした。

ただ、店舗の規模によっては15g入りのゼラチンパウダーが置いているようですので、DAISOの大型店舗では売っているかもしれません。私が見たときは、たまたま売り切れていてなかった可能性もあるので、また近いうちに確認してみたいと思います。

そのほかの100均では、セリアには10g入りのゼラチンパウダーが、製菓材料売り場に置いてあります。板ゼラチンの取り扱いはありません。

キャンドゥにもゼラチンはあるのですが、お店によって扱っている店舗とそうでない店舗があるので、供給が安定しているとはいえませんね。

ゼラチンはセブンなどのコンビニでも売ってる?

ゼラチンは、セブンイレブンやローソン・ファミリーマートなどのコンビニでは基本売っていません。

お菓子を作る材料と考えると需要が少ないと考えているのか?コンビニにとっては扱いにくい商品なのかもしれませんね。

お店の規模によっては、まれに売っている店舗もあるかもしれませんが、最初からコンビニを目指して買いに走るよりも、「ゼラチンといえば、まずはスーパー!」と頭に入れておくのが確実かと思います。

まとめ

ゼラチンは、粉末タイプと板状の2種類があり、スーパーでは両方とも売っていますが、100均では店舗によってパウダータイプのゼラチンを扱っているところもあります。

コンビニでは、ゼラチンは売っていませんが、ドラッグストアでは、お菓子材料を扱う売り場に置いてあります。

使用頻度が高くない場合は、スーパーに売っているゼラチンで充分ですが、大量に必要な場合は、業務スーパーで探して購入するかお菓子の材料を扱っているインターネット通販で取り寄せることをおすすめします。

粉と板どちらを購入すればよいか分からないという方は、板ゼラチンよりも粉ゼラチンの方が扱いやすいのでおすすめです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました