冷凍パイシートのスーパーの売り場はどこ?コンビニでも売ってる?生焼けでも食べれる?

冷凍パイシート スーパー お菓子作り・道具

冷凍パイシートはスーパーの売り場のどこに売ってるのか迷われた経験ありませんか?

パイ生地を一から作るとなると小麦粉・バター・水で練り上げる手間やサクサクっとした層を作るのに一苦労ですが、冷凍パイシートがあれば中身を詰めてそのまま焼くだけで手軽に本格的な一品が作れますね。

冷凍パイシートは、コンビニのセブンイレブンやローソン・ファミマでも買えるのか?調理して生焼けだったときの対処法についてもまとめました。

冷凍パイシートはスーパーのどこで売ってる?値段はいくらくらい?

冷凍パイシートのスーパーの売り場は、冷凍食品コーナーに行けば見つかります。

自宅近くの大型スーパーイオンや系列マックスバリュでは、発酵バターを練り込み北海道産小麦を使用した日粉のオーマイ冷凍パイシート400g(4枚入り)が、375円(値段は税込価格)で販売されていました。

ニップンの冷凍パイシートは長方形サイズなので、アップルパイやスティックパイ作りに活用するのがおすすめです!

パイシートはアイスなどが入っているショーケースではなく、扉付きの冷凍棚にお好み焼きや肉まん・今川焼・たい焼き・冷凍白玉などと一緒に陳列されてありましたよ。

同じイオン系でも店舗によって扱う商品が違ってくるため、上に挙げた商品が必ず置いてあるとは限りませんが、冷凍パイシートをお探しの際は冷凍食品売り場で探していただければと思います。

そのほか、冷凍パイシートは西友で発酵バター入りの「ニップンのみなさまのお墨付きシリーズ」より300g(75g×4枚)入りがお値段398円、コープも発酵バター入りの300g(75g×4枚)が約430円ほどで売っています。

もう少し容量の多い冷凍パイシートが欲しいという方は、業務スーパーに長方形サイズの6枚入りが500gで289円で販売されています。冷凍パイシートの量が多くて安い値段の商品をお探しの方は、業務スーパーでの購入がオススメです!

業務スーパーで販売されている冷凍パイシートは、スーパーで売っている市販のパイ生地と違って穴が開いていないため、アップルパイやチョコパイ・キッシュなどそのまま焼くと形が崩れてしまいます。

使用する前は、必ずフォークを使ってパイシートに穴を開ける工程を踏んでから調理するよう注意してくださいね!

スーパーや業務スーパーで販売されている冷凍パイシートの量では足りないという方は、800g~1kg越えの大容量のパイシートを扱うネット通販で取り寄せてくださいね。

冷凍パイシートはセブンイレブンやローソン・ファミマにある?

冷凍パイシートはコンビニでも売ってるのか?自宅近くのセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの各売り場をチェックしてみました。

発酵バター入りの冷凍パイシート300g(75g×4枚)が、一部の店舗を除くセブンイレブンで約400円で販売されています。うちの近所のセブンでは、冷凍コーナーや冷凍ショーケースを確認しましたが置いてありませんでした。

冷凍パイシートは、ローソンやファミリーマートでは販売されていません。セブンイレブンでは取り扱っている店舗はあるものの、置いてあるかどうかは確認してみなければわかりません。

パイシートが必要であれば、売ってるかどうかわからないコンビニを探すよりも、確実に売っているスーパーや業務スーパーで買い求めるのがベストです。

100均にはもちろん置いていませんが、バレンタインやクリスマスで年々製菓材料コーナーが充実してきている印象なので、近い将来販売される日が来るかも?しれませんね。

スーパー以外ですと、カルディにベラミーズの冷凍パイシート300g(150g×2枚)が販売されています。お値段が597円とちょっとお高めなのは、無添加のパイ生地だからです。

BELLAMYSのパイ生地の材料は、小麦粉・バター・食塩だけととてもシンプルで余計なものが入っていないので、ショートニングやマーガリンなど添加物が入っていないパイシートをお探しの方は、カルディでの購入がオススメです。

冷凍パイシートが生焼けのときの対処法

市販の冷凍パイシートは、料理にお菓子作りにすぐに活用できて便利ですが、キッシュやアップルパイを焼いて見たものの生焼けでどうにもうまく焼けなかった経験お持ちじゃありませんか?

冷凍パイシートが生焼けのまま食べれるのかどうかも不安なので、対処法を知っておきたいですよね。

パイシートが生焼けする原因は、パイ生地の上に乗せた中身の水分が多すぎて浸透することによって、オーブンレンジで焼く温度が上がり切れない結果です。

パイ生地にフィリングを入れて調理するレシピでは、中身はできるだけ水分を飛ばして煮詰め、しっかりと冷ましたものを乗せてからすぐに焼くのが鉄則です。

冷凍パイシートの生焼けを確実に防ぐ対処法は、中身を入れずにパイ生地を一度空焼きしてしまうことです!

空焼きの手順は、お好みの型にパイシートを敷いて上にアルミホイルもしくはクッキングシートをかぶせたら、その上にパイ用の重石(なければ乾燥小豆などの豆類で代用も可)を生地の高さまで敷き詰め、180℃に予熱したオーブンで20分ほど焼いてください。

冷凍パイシートの空焼きは調理時間がかかって少しめんどうではありますが、このひと手間を加えることで生焼けや焼き直しする手間を防ぐことができます。

パイ生地が生焼けだったからといって、食べたら絶対にお腹をこわすわけではありませんが、冷凍パイシートの主原料である小麦粉は生で食べると美味しくないのはもちろん消化しにくいため、生焼けだとお腹をくだすこともあります。

から焼きがめんどうでしなかった結果、生焼けの部分がある冷凍パイシートを食べる食べないは、自己判断でお願いします。

また、市販の冷凍パイシートに空焼きするときに形が崩れるのを防ぐピケという穴がない商品は、レンジで焼く前にフォークを使って穴を開けることも忘れないでくださいね!

パイシートの空焼きにはピケと重石が欠かせません。日常的にミートパイやポットパイ・エッグタルトなどパイ料理を作るという方は、パイ専用の重石を持っておくと便利です。

重石を使うことで、焼ムラを防いで均一に火を通すことができます。パイシートが生焼けしないことでお腹を壊す心配も回避でき、安心して食べることができますよ♪

まとめ

冷凍パイシートは、スーパーの冷凍食品売り場で販売されています。イオン・西友・コープでは、4シート300g~400gで値段は375円から430円、業務スーパーは6シート500gで289円です。

コンビニでは、セブンイレブンのみ一部の店舗を除き4シート300g約400円で売っています。

輸入食材を扱うカルディでは、ショートニングやマーガリン不使用の無添加冷凍パイシートが2シート300g約600円で販売しています。

ドラッグストアのコスモスでも発酵バター入りのパイシート2枚入り320gが税込348円で、冷凍コーナーでたこ焼きやお好み焼き・たい焼き・アメリカンドッグなどと一緒に販売されています。

添加物の入っていないパイ生地をお求めの方は、手作りもしくはネット通販でもお取り寄せできるので活用してみてくださいね。

冷凍パイシートが生焼けして上手に焼けないとお悩みの方は、パイ生地の上に重石をのせて空焼きしてから再度調理することで焼ムラをなくすことができるので、面倒がらずに取り入れてみてくださいね♪

【関連記事】
バターを常温に戻す時間はどのくらい?放置し忘れたらレンジを使うのがおすすめ!
バターは常温保存でも大丈夫?放置していい期間とおすすめの保存容器バターベルって?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました