バターを常温に戻す時間はどのくらい?放置し忘れたらレンジを使うのがおすすめ!

バター 常温に戻す お菓子作り・道具

バターを常温に戻すって、時間にしてどのくらいでどんな状態のことを言っているのか悩まれた経験はありませんか?

お菓子作りの材料には欠かせないバターですが、レシピの手順でよく「バターを常温または室温で戻しておく」というフレーズを目にしますよね。

もし放置し忘れたら手順に狂いが生じて作業時間のロスにもなりかねません。そんな時にはどうしたら良いのかについてもまとめました。

バターを常温に戻すのに時間はどのくらいかかる?

冷蔵庫保存しておいたバターを取り出してから常温に戻すには、意外と時間がかかります。

一般的に「常温に戻す」とは、バターのどのような状態を表しているのかといいますと、側面を人差し指で押してみたときに少し凹むくらいの状態を指します。

季節によって室温環境も違ってくるため、その分常温に戻す時間にも差が生じてきます。

まずは、冷蔵庫からバターを出して固まりごと室温で自然に戻す場合、気温の上がる夏場でしたら30分から1時間ほどで戻ります。

逆に室温の低い冬場では、20℃以下の環境ではどんなに時間を置いても戻りにくいです。下手をすれば、一晩置いても戻らないなんてこともあります。

暖房を入れて20℃以上に保った温かい室温やストーブやヒーターなどの近くに置いたり、こたつの中に入れるなどして様子を見ながら数時間かけて戻していくことになりますが、冬はバターを一塊で常温に戻すはおすすめしません!

かたまりの状態のバターを常温で戻すには時間がかかるどころか、使わずに残ってしまったバターを冷蔵庫に入れてまた常温に戻すといったことを繰り返すことで風味を損なってしまう原因ともなります。

バターを室温の中で自然に戻すときは、使用する分量分を切り出し1センチほどにスライスしたものを重ねて置かないように気をつけることで、夏場だったら15分から30分ほど、冬場だったら早ければ2時間から3時間ほどに常温に戻す時間を短縮することができます!

バターの常温はレンジで戻すのが一番早い!

室温で戻すのにはかなり時間がかかり過ぎるので、すぐにでも戻せる方法はないの?という方には、バターの常温はレンジで戻すのが時短テクニック的に一番おすすめです!

耐熱容器に1cmくらいにカットしたバターを入れ、200ワットで5秒から10秒ほど加熱しては取り出してを数回繰り返し、指で押して柔らかさを感じる状態にしていきます。

レンジを使ってバターを常温に戻すときには、出力ワット数が高いと速攻で溶けてしまいますので、ワット数を低く設定することを覚えておいてください!

うっかり長い秒数レンジで加熱をしてしまうと、あっという間にバターが溶けてしまいます。液体状になったバターは、混ぜやすくはなるでしょうが出来上がりのお菓子の風味や食感を著しく損なってしまいます。

レシピの中には溶かしバターを使用するものも時にはありますが、「バターを常温に戻す」とレシピに書かれているのであれば、そのお菓子を美味しく作って食べるためにはその状態で入れるのが一番ベストなんですよということを表しているのです!

ですので、バターの常温を電子レンジを利用して戻すときは、触ってみてまだ固さは感じてもほんの少しでもやわらかくなったかなと思えるくらいの状態がちょうど良いということです。

レンジで常温に戻している途中で完全に溶けて液体になってしまったバターは、冷やし固めて使えばいいやと思うかもしれませんが、一度溶かしてしまったバターを冷やして使うとバター本来の持つ風味も出来上がりの食感も良くない状態になります。

レシピで「常温に戻す」と表記のあるものに関しては、溶けてしまったバターは決して使わず料理の炒め物などに再利用するようにしましょう!

電子レンジを使ってバターを常温に戻すのが不安という方は、次のような方法もありますよ!

湯煎で常温に戻す

ボウルに入れたバターの底をお湯の沸いた鍋に浸けて常温に戻していきます。

お湯の温度が熱すぎるとバターが溶けやすくすぐに液体状になってしまうので、37℃から40℃くらいの人肌の温度で混ぜながら調節してください。

電子レンジですぐに溶かしてしまうようなミスは防げる方法だと思います。

ドライヤーの温風で常温に戻す

スライスして並べたバターの上をラップで覆い、その上からドライヤーの熱を使ってやわらかくしていきます。

レンジに比べて時間はかかるかもしれませんが、すぐに液体状になるようなこともなく常温に戻すことが可能です。

オーブンの発酵機能で常温に戻す

オーブンレンジの発酵機能を使うことで、35℃から40℃と夏の室温のような環境で冬でも30分ほどで常温に戻すことができる方法です。

すぐに溶けてしまうような心配もないため、時間がかかってもレンジで戻して失敗するようなこともなく安心感があります。

手もみで常温に戻す

ラップやビニール袋・ジップロックにバターを入れるか、自分の手に手袋やビニール袋をはめて、ボールに入れたバターを手の温度でもみ込みながら柔らかくなるまで常温に戻していくというプロのパティシエがよく使う手法ですね。

手でこねて確認しながらちょうど良い固さをキープできるので、時間はかかりますが溶かしてしまうような心配もない確実な手法だといえます。

バターを常温放置でなるべく早く戻す方法は?

とにかく時間がなくて素早くバターを常温に戻したい時は、レンジを使った方法が一番手っ取り早いですが、できればバターは常温放置で自然に戻したほうが出来上がりも美味しく満足いくものに近づけます。

電子レンジを利用した方法では、熱の入り方が均一にならないため固い部分とやわらかい部分が混在した状態でまぜ合わせたときにうまく混ざり切れず、分離して舌触りの良くない仕上がりになってしまう原因にもなります。

バターの常温放置でもできるだけ時短でスピーディーに戻したいという場合は、5ミリから1センチくらいにカットしたものをラップの上に重ならないように並べて置き、上からも密着しないようにフワッとラップで覆って、なるべく室温の高い場所(キッチンなどでは日当たりの良いところ)で戻すようにしてください。

バターを大量に使用するようなレシピでは、丸ごと常温で戻してしまいがちですが、その分戻す時間にかなりの差が生じてくるので、かたまりごと使用するときでもかならず薄くスライスしたものを常温に戻すことでより時間を短縮できるのでおすすめです!

まとめ

バターを常温に戻す時間は、季節や室温によって変わってくることがお分かりいただけたかと思います。

パンやケーキなどお菓子の美味しさや食感を保つには、たとえ時間がかかったとしてもバターは常温で自然な状態で戻すことが最もお菓子作りに適した方法です。

できれば手間暇かけずに時間を短縮してささっと作りたいという方や、万が一放置し忘れて早く常温に戻す必要がある時には、レンジを利用したりそのほかで紹介した方法も試して、味や食感を食べ比べてみてくださいね。

【関連記事】
バターは常温保存でも大丈夫?放置していい期間とおすすめの保存容器も
バターコーヒーは夜に飲むのはダメ?普通の無塩バターでも作れる?インスタントのおすすめも

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました