干し柿の時期はスーパーでいつからいつまで?値段は高い?セブンイレブンでも売ってる?

干しがき 時期 スーパー 果物

干し柿の時期はスーパーでいつぐらいからいつ頃まで販売されるのでしょうか?種無しや早生・次郎柿や太秋柿など旬を迎えた生のかきは売り場で見られるようになりましたね。

値段の相場はどのくらいなのか?セブンイレブンなどコンビニでも売ってるのか?通販でおすすめの商品についてもまとめました。

干し柿の時期はスーパーでいつからいつまで?

干し柿は渋柿を2週間から3週間ほど乾燥させて作られますが、生柿が本格的に収穫されるのが10月頃からになるため、スーパーの売り場に並び始めるのは11月ぐらいからになり、3月頃まで店頭に並ぶことになります。

干し柿の生産量1位は福島県で約4割ほどを占め、長野県が約3割・山梨県が1割という順になっています。

福島の干し柿といえば甲州百目や富士・平核無といった渋柿を使って作ったあんぽ柿、長野は市田柿、山梨は大和百目を使った枯露柿が人気ですよね。

自宅近くのイオンや系列スーパーのマックスバリュでもまだ干し柿を見かけませんが、昨年はあんぽや市田を売り場でよく見かけ買って食べた記憶があります。

2週間ほど前に行った久留米の道の駅には、薄切りにした柿をドライフルーツにしたものが置いてありました。道の駅だとスーパーよりも安く手に入ることがあるため、欠かさずにチェックしておきたいところですね。

干し柿の値段はスーパーでいくらぐらい?

干し柿の値段は、昔に比べるとココ数年はスーパーでも高いなと感じることが多くなったように思います。

お住まいの地域によってはすでに売り場に並んでいるところもあるでしょうが、自宅近くのマックスバリュでは3個入りのあんぽ柿が498円前後、市田柿1パック(6個入り)780円のほか、6個入りの干し柿が980円・1,380円(すべて税抜)で売っています。

道の駅では農家さんの作った干柿が7個から8個入りで500円ほどで販売されているため、スーパーより安く購入できお得ですね。

干し柿用の渋柿をネット通販で箱買いして手作りすれば、手間暇はかかりますが自分好みの甘さや食感でたくさん作れて安く上がりますね。

消毒やカビ対策に吊るし柿が甘くなった頃を見計らってやってくる頭のいいカラスや鳥に狙われないよう防鳥ネット対策などのことを考えると、私は自分で作るよりも出来上がったものをありがたく購入させていただきます(笑)

干し柿はセブンイレブンにも売ってる?

干し柿がセブンイレブンで売っていることをつい最近知りました。コンビニでもほし柿が購入できる時代になったのですね!

セブンで売っている干し柿「おやつ熟柿」は、276円(税抜)で冷蔵品を扱うコーナーに置いてあります。

干し柿 セブンイレブン

種なしの半生で市販の干し柿のように白い粉は吹いていないため、手も汚れず食べやすい小ぶりのドライフルーツです。

7個~8個入って内容量は63g、カロリーは1袋約156kcal・糖質は41gのため、1個あたり(9gで換算)だと約22kcalに5.8gです。

セブンイレブンのスイーツと比較してみると、シュークリーム「シュー・ア・ラ・クレーム」の1個あたりのカロリーは178kcal・「バスクチーズケーキ」は262kcalです。

糖質で比べると干し柿のほうが高いのですが、水分が抜けている分、食物繊維やβカロテン・ビタミン・ミネラル類などの栄養素もたっぷり詰まっていて余計な添加物なども入っていないので、「おやつ熟柿」をいただく方がカラダにも優しくヘルシーですね。

干し柿の通販でおすすめは?

干し柿の美味しいモノをお探しならお取り寄せするのもいいですね。楽天市場などのネット通販でもおすすめの市田柿やあんぽ柿・富山干柿などの訳あり品から贈答用(ギフト)・お歳暮用まで人気のようですね。

市田柿でおすすめなのが長野県にある専門店「山下屋荘介」。栽培から収穫し一つ一つ手作業で皮むき・乾燥・柿もみを行う工程までに約10ヵ月ほどの手間を惜しまずに作った干し柿500gが1,980円で送料無料と安い価格で手に入ります。12月から2月の限定販売で、現在予約受付中です。

山形の大玉の庄内柿で作った「作蔵のあんぽ柿」は、お試し4個セットが1,260円送料無料と激安です。市販の干し柿を作るときに使われる漂白剤や保存料添加物などを一切使わず無添加なため、安心して食べることができます。糖度も70度近くとろっと瑞々しい果肉が特徴です。

3Lサイズの大粒の干し柿なら「富山干柿」がオススメです。三社柿という渋柿を使って作ったブランド干し柿が、8玉から9玉入って3,880円送料無料。個包装で化粧箱入りのため、これからの時期はお世話になった方へのお歳暮品で贈っても喜ばれると思います。

そのほか四ツ溝や愛宕・西城・会津みしらずなど干し柿用の渋柿や、栗きんとん入りの栗柿・カルピスバターをサンドしたミルフィーユ柿といったスイーツ系の商品も充実しているため、チェックしてみてくださいね。

まとめ

干し柿はスーパーでは11月から3月頃まで出回り、1袋598円前後の値段で販売しています。道の駅で売られているモノは、スーパーより量も多く値段も安いことが多いです。

コンビニのセブンイレブンでも干し柿を売っていますが、店舗によっては置いていないところもあるようです。コストコでもセブンと同じモノを扱っています。

楽天などの通販サイトでは、訳ありの激安商品から贈答用の高級干し柿を予約にてお取り寄せ可能です。自分で作る方は渋柿のまとめ買いもできますし、人気の干し柿スイーツも注文して取り寄せ可能です。

干し柿はそのまま食べるのも美味しいですが、クリームチーズやバターをサンドしたり、パウンドケーキに入れたりジャムにしたりなどアレンジも利きますので、楽しんでみてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました