野菜宅配サービスの選び方は?少量やコスパや単発など失敗しないポイント

野菜宅配サービス 選び方 食材

野菜宅配サービスが気になっているけど、いろんな会社があって選び方がわからないと悩まれている方も多いのではないでしょうか。

一人暮らしやファミリーなど、家族構成やライフスタイルによって少量から利用できるのか?送料や入会金や年会費などコスパの問題に、試しに単発で利用したいなど悩みは人それぞれです。

今回は、野菜宅配サービスの選び方で失敗しないコツやポイントについてまとめてみました。

野菜宅配サービスの選び方は?

野菜宅配サービスは、より質の良い食材を求めるニーズの高まりから、会社も少しずつ増えてきています。数ある野菜宅配サービスの中から、自分に合う会社を探す際の選び方の基準やポイントについて紹介します。

野菜の品質や安全性で選ぶ

野菜宅配サービスを利用してみたいと考えている人の多くは、自分はもちろん小さな赤ちゃんから子ども・家族が安心して口にできる食材を求めてのことだと思います。

多くの野菜宅配会社では、無農薬減農薬低農薬有機野菜など栽培方法にこだわった商品を取り扱っています。

すべての野菜が無農薬でない宅配サービス会社でも、基本は反農薬の考え方を持ち、使用するにしても国の基準よりも厳しい独自の基準値を設け、最低限の使用で品質の安全性にこだわっているところが多いです。

無農薬や減農薬で育った野菜は、まれに虫がついていたり虫食いの跡があるものが届いたりで、スーパーで購入する農薬で育ったキレイな野菜に慣れている方からしたら、はじめは抵抗があるかもしれません。

虫食いや虫がついている野菜は見た目は不格好ですが、スーパーの野菜とは比べ物にならないほど味が濃くみずみずしく新鮮で、自然栽培ならではの証です。

独自の放射能検査を行っている野菜宅配サービス会社も多く、HPなどでも情報が公開されています。

毎日口にするものだからこそ、安心して食べられる安全性の高い食材を取り寄せたいですよね。

野菜の産地や生産者についてや、化学肥料は使われているのかなども各野菜宅配サービス会社のHPに記載されているので、自分の求める基準に合うかをチェックしてください。

野菜や肉・魚・加工品など種類が豊富

野菜宅配サービスのメリットは、スーパーにわざわざ買い物に行かなくても自宅に新鮮で安全な野菜が届くことです。

スーパーでは手に入らないような珍しい野菜も手に入れられるなど、扱う種類がたくさんあるとうれしいですよね。

野菜宅配と聞くと野菜や果物だけしか取り扱っていないイメージですが、米や肉・魚・卵・乳製品・加工食品・惣菜・冷凍食品・離乳食・生活雑貨などさまざまな商品を扱っている会社もあります。

会社によって種類やラインナップの豊富さは違いますが、小さな赤ちゃんを抱えていたり仕事で忙しくてなかなか買い物に行くことができない一人暮らしや共働きの方は、野菜宅配サービスを利用することでスーパーに行くことなく欲しい商品を一度に手にすることができるため、買い物時間や手間も省けて便利です。

野菜だけでなく日配品や加工品・調味料なども食品添加物不使用のこだわりの商品を扱っている会社も多いため、口に入れるものはなるべく自然なモノにこだわりたい方は、HPで商品の原材料などをチェックをして自分に合いそうなサービスを選びましょう。

コスパや便利さ

野菜宅配サービスを選ぶときは、コスパや使い勝手も重要です。一度きりのお試しならそこまで気になりませんが、定期的な利用を考えるなら無理なく続けられる料金ではないと家計を圧迫しかねません。

無農薬や減農薬の有機野菜は、安心して食べられるというメリットがある一方で、栽培に手間暇がかかる分、スーパーの野菜に比べるとまだまだ高いのがデメリットです。

昔に比べれば、農家さんたちや宅配サービス会社の努力でだいぶん安く手に入れられるようになった無農薬野菜も増えましたが、より高い安全性や品質にこだわりを求めるほど値段が高くなることも事実です。

利用する野菜宅配サービスによって野菜の値段が違うことはもちろん、定期便を利用するときに入会金や年会費が必要なところ、配達エリアごとの配送料の問題なども出てきます。

自分が1ヵ月に使える野菜宅配サービスの上限価格をあらかじめ算出したうえで、各サービス会社の入会金や年会費・送料が無料になる注文金額など、コスパ面を比較チェックしましょう。

一人暮らしなのか?4人家族なのか?家族構成によって、注文する量も変わってきます。少量の場合は注文金額も低くなるため、多くの場合は配送料がかかります。最低注文額と送料を含めた金額で比較検討しておくといいですね。

配送方法に関しては、日時指定ができるのか?不在時に留め置きできるサービスはあるのか?などを確認しておきましょう。

ヤマト運輸など宅急便では日時指定ができますが、野菜宅配サービス会社の自社便では、エリアごとに配送日の曜日が固定されていて時間指定ができないモノもあります。

仕事で在宅の時間が曜日によってバラバラという方は、配送の日時指定ができないのは不便ですよね。日時指定をしていても当日予定が変わって受取れないこともあります。

留め置きや玄関先への置き配、宅配ボックスの利用は可能かなど、臨機応変に対応してくれる便利さについても調べてから決めましょう。

野菜宅配を一人暮らしで利用するのに安いサービス会社は?

野菜宅配サービスを一人暮らしの方が利用しようと考えるとき、ネックになるのが料金についてです。

無農薬や減農薬のこだわり野菜なので、スーパーで購入するより高いことはわかっていても、少しでも安いサービスをお得に利用したいですよね。

今人気の野菜宅配サービス7社の定期便利用時の入会金や年会費の有無、配送料について比較しました。

宅配会社名入会金年会費送料
らでぃっしゅぼーや無料初年度無料
次年度以降:1,100円
・自社便
3,000円未満380円
5,000円以上無料
・ヤマト宅急便
3,000円未満は900円
(地域によってプラス加算費あり)
8,000円以上の注文で無料
オイシックス(oisix)無料無料・ヤマト宅急便
3,999円までは600円
6,000円以上の購入で無料
(北海道・四国・九州・沖縄を除く)
大地を守る会無料初年度無料
次年度以降:1,000円
・自社便
4,320円未満352円
8,640円から無料

・ヤマト宅急便
4,320円未満は1,078円
(地方追加料金が別途あり)
8,640円から無料
ビオ・マルシェ無料5,000円・自社便
野菜セット購入は無料
単品のみの注文は600円

・ヤマト宅急便
3,000円未満450円(冷凍品ありは1,500円)
3,000円以上345円(冷凍品ありは1,395円)
無農薬野菜のミレー無料無料・ヤマト宅急便
3,000円未満は500円~1,000円(地域で異なる)
7,000円以上で無料(北海道・沖縄を除く)
※関東は6,000円以上で無料

 クール便別途350円
ココノミ無料無料・ヤマト宅急便
3,000円未満は700円
7,000円から無料
※クール便はプラス290円
坂ノ途中無料無料・自社便
6,499円まで京都270円、大阪・兵庫400円
東京500円、10,000円以上は無料
・ヤマト宅急便
6,499円まで1箱637円(北海道・沖縄は1,188円)
※5月~10月はクール便+259円

10,000円以上は無料

各野菜宅配サービス会社とも、自社便があるところは自社便とヤマト運輸を使用した際の送料を記載しています。

関東や関西に本社を置く会社では自社便もあり、配送方法で自社便を選択できる地域にお住まいの方は、さらに送料が安くなります。

野菜宅配サービスで1人分の野菜の注文となると葉物など日持ちの短い野菜は少量になると思いますが、どの会社もお米や肉・魚・卵・乳製品・加工品・調味料などさまざまな食材を扱っているので、まとめ買いして送料を無料にする工夫をするのがいいですね。

送料だけで見るとビオ・マルシェが安いですが、年会費5,000円をどう捉えるかです。毎週定期的に注文するなら年会費の元は取れますが、途中で解約したときは損することもあります。

らでぃっしゅぼーやは1回の注文金額が3,000円以上、大地を守る会は1回の購入金額が4,320円以上で、定期便申込みから8週間分の配送料が無料になるキャンペーンも実施中です。

坂ノ途中も3回まで送料が無料ですので、こういった特典を利用する間に定期便の利用をその後も継続するかどうか判断してもいいですね。

野菜宅配は単発のお試しセットがお得

野菜宅配サービスを利用するにあたり、いきなり定期便から申し込むのは抵抗があると思うので、まずは単発で試してみたいですよね。

野菜宅配サービス会社では、単発注文できるお試しセットが用意されています。産地や生産者の顔が見えるこだわりの無農薬や有機野菜や果物・加工品がセットになってお得な金額で試すことができるのが魅力です。

各野菜宅配サービス会社のお試しセットの価格や内容は以下のとおりです。

宅配会社名値段(税込)お届け内容
らでぃっしゅぼーや1,980円(送料無料)旬の野菜6品・果物・卵ほか計14品
オイシックス(oisix)1,980円(送料無料)Kit Oisixと旬の野菜・野菜ジュースの計7品
大地を守る会1,980円(送料無料)旬の野菜と果物・肉ほか計13品+プレゼント
ビオ・マルシェ1,500円(送料無料)有機JAS認定季節の旬の野菜8~9品
無農薬野菜のミレー1,400円(送料無料)現在販売中止中
ココノミ1,980円(送料無料)好きな食材12品(お試しセットではない)
坂ノ途中お試しセットなし※単発の旬の野菜セットあり(送料別途必要)

らでぃっしゅぼーやのお試しセットは、4,765円相当が58%OFFで試すことができ、今なら全額返金保証付きのキャンペーン実施中です。

実際に取り寄せた中身や食べてみた感想・口コミ・レシピなどは、以下の記事にまとめましたので参考にしてみてくださいね。

らでぃっしゅぼーやのお試しセットの中身は?購入体験談やレシピに口コミや感想も

オイシックスのお試しセットは、4,200円相当が52%OFFで試すことができます。

品数が少なく感じますが、レシピ付きの主菜と副菜の材料がセットになったミールキットが入っているのがポイントです。

一人暮らしだと献立がワンパターンになりがちなので、メニューを考える手間も省けて1食分作れるのはうれしいですね。

大地を守る会は、4,700円相当が57%OFFで7日間の返金保証付きです。品数はらでぃっしゅぼーやとほぼ変わりませんが、お肉が入っているのでお肉もしっかり吟味して選びたい方にピッタリなセットです。

ビオ・マルシェは、2,808円相当の旬の有機野菜のみが試せるセットです。中身は届いてからのお楽しみになりますが、農薬や化学肥料を使わないこだわりの野菜だけを味わってみたい方にベストです。

年会費が5,000円かかるところ、初年度4,000円OFFの1,000円になるキャンペーンを実施中です。単発でまずは試してみて、気に入れば定期便にお得に移行できますね。

無農薬野菜のミレーには、季節の7種類のお試し野菜セットがあるのですが、現在販売を一時中止しています。再開されましたら、こちらの記事でも追記します。

ココノミにはお試しセットはありませんが、初回限定で好きな食材12品(4,500円相当)を選べて送料無料で届けてくれるサービスがあります。

定期縛り(継続購入回数)がないので、初回試してみて継続したくなければ退会することができます。野菜はすべて無農薬を扱っているので、完全無農薬の野菜をお探しの方はココノミでお試ししてみてはいかがでしょうか?

坂ノ途中も以前はお試しセットがありましたが、2020年の4月に終了となりました。送料が別途必要となる、旬の野菜セット(Sサイズ2,430円・Mサイズ3,672円・Lサイズ4,914円)を1回のみ届けてくれるサービスはあります。

坂ノ途中で扱うお野菜も、原則化学合成農薬や化学肥料は不使用です。定期便は3回分の送料が無料になります。3回以上継続が対象ですので、Sサイズ(7~9種類入りで1人~2人分)で試してみるのもありかなと思います。

まとめ

野菜宅配サービスの選び方は、品質や安全性を求めるのか?種類の豊富さか?コスパや便利さか?基準は人それぞれです。

一人暮らしや単身世帯での利用は少量の野菜で充分なので、野菜だけでなく米や肉・魚・加工品・日配品から日用品まで扱うサービスを利用するほうが、まとめ買いで送料を浮かせることができるのでお得です。

野菜宅配サービスで扱っている野菜の農薬の有無や産地・生産農家についてや、味や品質を確かめるうえでも、単発で試せるお試しセットがある場合は、定期利用を申し込む前にまずは試してみましょう。

実際に試してみることで、届く野菜の鮮度に問題はないか?注文や宅配のしやすさなど使い勝手を確認することができます。みなさんも自分に合ったサービスを見つけてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました