安納芋のおすすめの食べ方は蒸すかトースターで焼くのが一番美味しい?レンジは使っちゃダメ?

安納芋 おすすめ 食べ方 食材

安納芋など旬を迎えている美味しそうなさつまいも達がスーパーの売り場に所狭しと並んでいますが、みなさんは生芋を購入したらどのような食べ方をされていますか?

蒸すか焼き芋にするか茹でたり天ぷらにしたりスイーツにしたりと楽しみ方もそれぞれでしょうが、安納芋といえばトースターなどで焼くのがねっとりクリーミーで一番美味しいですよね♪

蒸かすときのコツや、焼き方ではオーブントースターやレンジを使って美味しさを引き出す方法、人気の紅はるかとの違いについてもまとめました。

安納芋の美味しい蒸し方

安納芋の糖度はサツマイモのなかでも高いですが、より甘く美味しいモノにするには蒸し方にもコツが必要です。

安納芋だけでなく別の種類のサツマイモを蒸かすときにもいえるのは、低温でじっくりと時間をかけて蒸すことです。

70度前後の低い温度で蒸し上げることで、安納芋の持つβアミラーゼの酵素が活発に働き、でんぷんが糖へと変わることでより甘みが引き出され美味しくなるのです。

すぐに食べたいし時短調理したい気持ちもわかりますが、安納芋の甘味を最大限に引き出す蒸し方は、最低30分は弱火でじっくりと蒸すことです。

蒸し器の水を沸騰させ蒸気が見える程度に火力を弱め、丸ごと1本のまま蒸す場合は30分ほど、食べやす大きさに輪切りにして蒸す場合は10分~15分を目安に蒸かしましょう。

セイロがない場合は、フライパンにザルや皿の底を上にして入れて即席の蒸し器を作って蒸してもOKです。

もっと手軽に美味しく蒸し上げたいなら炊飯器を使うのもオススメです。水洗いした安納芋を釜の中に並べ、水はサツマイモが半分浸かるくらい(1合を目安)入れ、炊飯器のスイッチをポチっとするだけ。茹でるのではなく蒸かすため、水の入れすぎには気をつけてくださいね。

蒸し上がりの合図がなったら炊飯器を開け、湯が残っていたら捨ててそのまま30分ほど保温で置いておけば完成です。

蒸し器のように火加減の調節をしなくていいのがラクチンでいいですよね♪

安納芋の焼き方をトースターで美味しくするには?

安納芋のふかし芋も充分美味しいですが、やっぱり焼き芋に勝る食べ方はない!と思うのは私だけでしょうか?

トースターを使った焼き方は、安納芋の皮を洗ったらそのまま入れ40分ほど焼くだけです。アルミホイルに包んだ焼き方もあるのですが、熱が全体に回る時間がかかるのと焼きいものような香ばしさが出にくいため、裸のまま何もせずに焼くだけでOKです!

芋の大きさにもよるため、厚めの大きいサイズのものは半分にカットしてオーブントースターで焼くといいでしょう。

温度調節機能付きのトースターであれば、秋口は200度で40分、冬場は160度で60分前後じっくり焼くのがオススメです。半分時間が経過したら上下裏返してあげると効率的に火の通りが良くなりますよ。竹串などで中まで火が通っているか確認し、スっと抜ければ出来上がりです。

トースターで焼きあがったあと、さらに5分から10分庫内に置くことで、余熱で甘みがギュっと凝縮されますよ!

トースターがなければ魚焼きグリルを活用して、弱火で40分ほど焼き上げても大丈夫ですよ。

安納芋をレンジでねっとり仕上げるには時間が重要!

安納芋の糖度を最大限に引き出すにはじっくり焼くのがベストですが、そこまでの時間がないという方はレンジを使った時短テクニックを利用しましょう。

レンジでもねっとりとした食感に仕上げるには、ワット数と何分加熱するかがポイントになってきます。

安納芋を洗ったら、霧吹きで充分に湿らせたキッチンタオルで包み耐熱容器のせて、500Wのレンジで2分程度加熱します。次に150Wもしくは解凍モードの200Wに設定して、10分前後加熱すれば出来上がりです。

電子レンジを使えば蒸し器やトースターを使うより早く焼くことが可能ですが、調理するイモのサイズやお使いのレンジによって加熱時間も変わってくるため、目安として臨機応変に対応願います。

時間に余裕がある場合は、加熱時間を20分に延ばすことでよりネットリとした食感と甘みを引き出せますよ。

電子レンジを使った焼き方は、焼きいもと蒸かしイモのちょうど相中のような食感やあ甘さを楽しめます。

安納芋と紅はるかの違いは?

安納芋は、鹿児島の種子島が産地のオレンジ色の果肉と熱が入ると糖度が40度にまで上がるクリーミーな食感と甘みの強さで人気です。

安納芋にもいくつか品種が存在し、皮の赤いタイプは「安納紅」、皮の白いモノは「安納こがね」と呼ばれています。

南種子町では安納こがねの果肉が少し紅がかった系統を「安納もみじ」、中種子町では果肉がオレンジ色のモノを「安納みつき」として扱っています。何れの品種も味に特別な変りもなく、水分を多く含み粘質でしっとりとした食感で、旬は10月から1月頃です。

紅はるかは、ネットリ系サツマイモの王様的存在であり、茨城県の紅天使や大分県の甘太くん・宮崎県の葵はるかなど地域によってはネーミングが変わり、ブランド化されています。

加熱した際の糖度は60度前後と安納芋を超える強烈な甘みとたっぷりの蜜で、スーパーやコンビニの焼き芋コーナーを席巻していますね。

11月から1月頃が美味しくいただける旬の時期ですが、スーパーで流通量が多くなるのは12月頃です。

まとめ

安納芋を自宅で美味しくするコツは、蒸すにしても焼くにしても低い温度でじっくりと30分~60分時間をかけて熱を通すのがポイントだということがわかりました。

電子レンジのように高温で短時間で加熱すると、せっかくの糖度を引き出せずねっとりとした食感も損なってしまいがちですが、ワット数を150~200まで下げて10分から20分加熱することで、安納芋の持つ味や食感を引き出すことができます。

蒸すときのアイテムは、蒸し器がなければフライパンや圧力鍋・炊飯器・ストウブを使った無水調理に置き換え可能です。

焼き芋を作るときにトースターがなければ魚焼きグリルを活用しましょう。個人的には、ストーブの上で焼く焼きイモも大好きです。

ねっとり系かホクホク系か?食感はそれぞれ好みが分かれるでしょうが、いろいろと食べ比べてサツマイモシーズンを楽しみましょう♪

【関連記事】
紅はるかはスーパーで値段はいくらぐらい?紅あずまとの違いは?美味しい食べ方も
紅天使はどこで購入できる?特徴や紅はるかとの違いは?栄養やカロリーはどれくらい?
さつまいもがスーパーで出回る時期はいつ?値段はいくら?栄養分や糖質は1本どのくらい?
三島甘藷とは?ふ菓子が通販で話題!静岡のさつまいものスイーツはセブンイレブンでも買える?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました