いちごはスーパーでいつまで売ってる?甘い時期や品種で甘さはどれくらい違う?

いちご スーパー いつまで 果物

いちごをスーパーの売り場で見かけることが多くなりましたが、時期によっては買えないこともありいつまで売ってるんだろうって気になりました。

いちごが美味しくて甘い時期や旬は何月になるのか?糖度の平均や品種によって甘さにどれくらい違いがあるのか?甘い部分は上下どっちなのかについてまとめました。

いちごがスーパーに並ぶ時期は?値段はいくら?

12月に入ってスーパーのくだもの売り場でいちごを見かけるようになりました。クリスマスシーズンになるとショートケーキなどの飾り付けで一気に需要が高まることから、店頭に陳列されはじめます。

いちごは傷みが早く夏場の7月から11月の中ごろまで生はスーパーから消えるため、確実に手に入れらる時期は12月から6月頃までになります。

自宅近くのイオン系スーパーのマックスバリュでは、熊本県産のゆうべに1パック(8粒~10粒入り)が税抜398円で販売していました。店舗によって扱う品種で値段はまちまちですが、概ね1パック398円~698円前後で売られています。

いちごは通年栽培されており品種によって時期があることから、生産地のスーパーなどでは全国的に出回らない時期でもわずかですが販売されていることもあります。

手に入りにくい季節は冷凍イチゴで対応できますが、ジャムやスムージー・クリーム作りで使う分にはいいですが、ケーキのデコレーションとしてはあまり見栄えはよくありませんよね。

地元のケーキ屋さんではいつも苺がトッピングされたケーキを見かけますが、契約農家さんなど独自の仕入れ先があるからできることです。

ネット通販で取り寄せることもできますが、出回る量の少ない暑い時期ではかなり割高になるので、他のフルーツで代用するといいでしょう。ケーキの飾り付けにいちごと同じ赤を差し色で使いたければ、冷凍ラズベリーが見栄えもよくてオススメです。

いちごが甘い時期は?旬は何月?

いちごがスーパーに最も出回るのが12月~2月頃のため冬が旬だと思いがちですが、クリスマスシーズンに合わせてハウス栽培で収穫されたものです。

露地栽培いちごの元々の旬は3月~4月で、この時期がもっとも香り高く美味しくて甘いイチゴを堪能できます。

品種によっていちごの旬の時期は異なりますが、人気のイチゴの特に甘い時期は以下のとおりです。

品種甘い時期
紅ほっぺ3月~4月
とちおとめ2月~4月
とちあいか1月~4月
あまおう3月~4月
スカイベリー1月~3月
きらぴか1月~4月
ゆめのか1月~3月
よつぼし1月~3月
もういっこ1月~3月
やよいひめ1月~3月
おおきみ2月~3月

スーパーで購入できる苺もいいですが、12月~5月まではいちご狩りを楽しめる季節です。農園によって扱う品種は違いますが、お目当てのいちごがある方はより甘い時期を狙っていちご狩りに出かけるのもオススメです♪

いちご狩りなら数種類の品種を扱っているので、いろんな種類の旬のイチゴを食べ比べできるだけでなく持ち帰りもできます。全国のいちご狩りスポットはコチラからご確認ください→全国のいちご狩りスポットを探す

ペット同伴可能な農園もあるので、我が家は愛犬を連れてのいちご狩りや梨狩りが定番になっています。美味しいものは犬も知っていて喜んで食べるんですよね♪与えすぎは良くないので少しだけあげるのですが、次から次へと欲しがるので大変です(笑)

いちごの糖度の平均は?品種で甘さが違う?

いちごの糖度の平均はどのくらいでしょうか?品種によって甘さが違うため、人気の高いいちごの糖度の一覧を表にしました。

品種糖度
淡雪13度~15度
桃薫8度~12度
とちおとめ9度~11度前後
とちあいか10度~11度前後
よつぼし10度~11度
あまおう11度前後
紅ほっぺ9度~10度程度
スカイベリー10度前後
おおきみ10度程度
もういっこ9度
あきひめ9度程度

淡雪の糖度が一番高いですが、いちごの糖度は平均して9度~10度ほどが一般的なことがわかります。糖度が同じくらいの品種でも、酸味とのバランスによって甘さの感じ方にバラつきがあります。

そのほか糖度15度以上の品種では、福岡のスーパージャンボや佐賀の咲姫・徳島のさくらももいちご・奈良のことか・鹿児島のさつまおとめなどがありますが、いずれもネットショップでは糖度だけでなく価格も高値で扱われるブランド苺です。

いちごの甘い部分はヘタと先端どっち?

いちごは下の尖っている部分が一番甘く、ヘタに向かうほど糖度が低くなっていきます。糖度の平均は、ヘタの上のほうより約9度・真ん中約11度・先端約13度と上下で4度ほどの差が生じます。

正しい食べ方は、上のヘタから口にし先端を最後に食べるようにすれば、より甘みを感じやすく美味しくいただけます。

ケーキなどの飾り付けにいちごを使うときは、縦にスライスして使うと酸味と甘さのバランスを保った美味しさを味わうことができますね。

いちごの甘い部分を知っておくことも大切ですが、美味しいイチゴの見分け方のコツもおさえておきたいところです。

見た目では、ヘタが反り返るほどハリがあり濃いあざやかな緑色でつぶつぶ一つ一つがはっきりした新鮮なもの、果皮が上から下までしっかり赤く色づきの良いモノを選んでください。少し鼻を近づけたときに甘い匂いが香るものは熟している証拠です。

ヘタが茶色く枯れていたり果皮に白っぽい部分があるいちごは、酸味が強く風味も落ちてきているので選ばないよう注意しましょう。

品種によってはあまり香りが強くなく色づきが濃くない薄いイチゴもありますが、へたに近い部分まで均等に色づいているものをチョイスすれば大丈夫ですよ。

まとめ

いちごがスーパーに並ぶ時期はクリスマスシーズンの12月~6月までで、傷みやすい7月~11月は売り場にはほとんど陳列されません。値段の相場は、1パック398円から698円前後です。冷凍ストロベリーは通年取り扱われています。

旬の時期は3月から4月頃になり、人気の高いあまおうや紅ほっぺもこの季節が一番糖度が高く甘い時期になりますが、品種によって旬も糖度もさまざまです。

より美味しいイチゴをいただくには、ヘタや果皮の色や状態・香りなどをチェックして選びましょう。いちご狩りに出かけるときは形は気にすることはありませんが、ヘタが反り返り上から下までしっかりと色づきの良いモノを取るようにしてくださいね。

品種別の旬の時期を参考にしながら、スーパーやネット通販・いちご狩りで商品を選ぶ参考になればうれしいです♪

【関連記事】
りんごのスーパーでの値段はいくら?カロリーは1玉どのくらい?栄養が少ない成分は?
キウイはスーパーで値段はいくら?栄養や糖質にカロリーはどのくらい?保存の仕方も
柿がスーパーに並ぶ時期はいつから?栄養や糖質に種類が甘い品種でおすすめは?
干し柿の時期はスーパーでいつからいつまで?値段は高い?セブンイレブンでも売ってる?
梨がスーパーに出回る時期はいつまで?産地の1位はどこ?カロリーや栄養素に変色予防方法も
桃はスーパーでいくらぐらいの値段で売ってる?カロリーや糖分に変色しない方法も
ぶどうがスーパーに並ぶ時期はいつまで?保存方法を常温・冷蔵庫別に!冷凍での保存期間は?
いちじくがスーパーに並ぶ時期はいつ?食べ方は洗うのが基本?カロリーや栄養素も
洋梨の食べごろの見分け方は?追熟方法や美味しい食べ方に冷蔵庫や冷凍保存の方法も
みかん一個のカロリーは?栄養や糖質はどれくらい?食べ方で薄皮や筋はどうしてる?
三ヶ日みかんの特徴や旬の時期はいつ?種類や値段はいくらぐらい?
紅まどんなの特徴や旬の時期は?せとかとの違いや値段は一個いくらぐらい?
金柑の旬はいつ?選び方や食べ方は皮ごと生で食べるのがいい?冷凍保存はできる?
バナナの長持ちにはラップや袋を使った保存がおすすめ!お湯に浸けるといいって本当?
バナナが変色する原因は?防止するには砂糖水がおすすめ?そのほかの防ぎ方も

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました